• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

ホーム >> スクール >> もの作り・絵・書 >> 青宵陶房 直透窯教室 >>時空を越えて、今、蘇る「伊波多」の「土」・・・
自分の感性を引き出して、ものづくりの楽しみに触れてみてください。

画像

せいしょうとうぼう じきとうがまきょうしつ青宵陶房 直透窯教室(浜松市天竜区)

090-4233-1743

〒431-3301 静岡県浜松市天竜区横川364-3

県道63号線 鏡山小学校を東へ抜け約2.5Km「百古里庵」を右に見て約200m先右へ降りる

純粋な磐田の土で作った陶器を後世に残したい
ー 鈴木青宵
磐田市鎌田で生まれた鈴木青宵氏只々純粋に、この磐田の地からの原料だけで仕上げてみたかった ー

磐田市鎌田で生まれた鈴木青宵氏
只々純粋に、この磐田の地からの原料だけで仕上げてみたかった ー

2万年前に堆積した粘土層粘土層は通常は8万〜9万年前のものが多く、粘土としては新しい粘りもあり非常に使いやすい土

2万年前に堆積した粘土層
粘土層は通常は8万〜9万年前の
ものが多く、粘土としては新しい
粘りもあり非常に使いやすい土

水簸したり、濾したりから土づくりが始まる時間をかけて寝かせば吸いやすくなるが、今回は早く形にしてみたかった個性的でクセの強く、逆らえばひび割れたり、崩れたりするしかし弱点が逆に面白くなった

水簸したり、濾したりから
土づくりが始まる
時間をかけて寝かせば
吸いやすくなるが、
今回は早く形にしてみたかった
個性的でクセの強く、
逆らえばひび割れたり、
崩れたりする
しかし弱点が逆に面白くなった